徳島の野球(地元チームやできる場所)

徳島県の野球チームとしては徳島インディゴソックスがあります。

インディゴソックスは四国アイランドリーグplus(独立リーグ)で四国他県のチームの香川オリーブガイナーズ、愛媛マンダリンパイレーツ、高知ファイティングドッグスとリーグ戦を行い、ソフトバンクホークス3軍と交流試合をしています。

インディゴソックスからは何名かNPBからドラフト指名され入団しており、今後も選手の育成が期待されています。

その他の地元チームでは高校では池田、鳴門、鳴門渦潮(旧鳴門工・鳴門一が合併)、徳島商などが有力校です。

プロ選手としては、水野(池田-巨人-解説者)、秦(鳴門-ヤクルト-巨人コーチ)・潮崎(鳴門-西武西武2軍監督)、藤田(鳴門一-楽天)、武田久(生光学園-日本ハム)、上田利治(徳島海南-広島-阪急監督引退)、尾崎将司(徳島海南-西鉄-プロゴルファー)、川上憲伸(徳島商-中日)板東英二(徳島商-中日-タレント・解説者)らがいます。

中学校の軟式も盛んですが、硬式の徳島ホークスなどのヤングリトルリーグが盛んです。

小学生のチームもほぼ各小学校全てにあります(過疎校を除く)。

球場としては徳島市のJAバンク徳島スタジアム、鳴門市のオロナミンC球場、阿南市のアグリあなんスタジアムなどがあり、各市や郡に球場があります。

吉野川や勝浦川河川敷グランドでは一般チームやシニアリトルリーグの練習や試合が盛んに行われています。