徳島県の複雑な気候

徳島県は瀬戸内海に面している北部と太平洋に近い南部では地理的に気候が異なってきます。

北部では瀬戸内式エリアとなり、南部では太平洋エリアとなるので様々な面で違いがあるのでポイント毎で確認することが必要となります。

まず北部であれば穏やかな瀬戸内式エリアに属するために降水量も少なく、温度差もそれほどなく比較的すごしやすい場所といえます。

それに対して南部は太平洋側に位置する為に降水量がとても多く水害などの被害も毎年のように出てしまっているのが現状です。

特に台風の時期や梅雨の時期となると万全の備えが要求される地域でもあります。

また徳島県の西部は山に囲まれていることもあり、気温がかなり低いといわれています。

実際に海側と比較してもかなりの温度差となっており、海側では穏やかな時期でも山間部では雪が降っているということもあるので山間部に出かける際には防寒をお勧めします。

徳島県はエリアによって降水量や気温の差が著しい為に旅行などで訪れる際には行き先と天気を確認してから出かけることが必要となります。