徳島県の健康への取り組みについて

徳島県では、健康増進計画において、一日の野菜摂取目標量を一人あたり350グラムとしています。

しかし、平成24年度の徳島県民の野菜摂取量は、262グラム程度で、目標を達成できていません。

そのため、さまざまな取り組みを県をあげて行っています。

徳島県では8月31日の野菜の日を含む1週間を独自にとくしま野菜週間と定めて、集中的に県民への呼び掛けを行っています。

その際に、リーフレットとうちわなどのグッズの他に、オクラや、玉ねぎなどの野菜も一緒に渡すことで野菜をより食べましょうというメッセージを明確に伝えています。

さらに、定期的にとくしま野菜を使ったヘルシーレシピコンクールを開催して、県民から野菜料理のレシピを募集しています。

このような活動を積極的に行うことで、県民全員が一丸となって野菜摂取量を増やし、健やかな生活を送るために前向きに取り組んでいるのです。

徳島県のこうした取り組みは、他の地域からも高く評価されています。